Nayunayu先生 ~愛のある教室~

現場教師の21年間の実践理論

左利き

左利きの人はどこか神秘的で美しい。 その人は生まれつき左利きである。 社会は右利きを中心に作られているという理由から 左利きは右利きに修正されることはあるが、 それは右を使えるようになるというだけであって、 本質的にその人は左利きである。 左利…

察する力

察する力は、全てには理由があると考える事からはじまる。 否定せず、肯定したときに、察する力は発動する。 そういうものである。 それは迎合することではなく、忖度とはほど遠い。 相手を知ろうとする試みであり 相手を全面的に受け入れようとする営みであ…

私たちは波のようであり波ではない

波は外側の影響を受けて起こる。 穏やかな天気であればさざ波となり 荒々しい天気になれば荒波となる。 私たちはまるで波のようである。 波はその波そのものに更なる影響を受け 大きくうねり やがて岸にたどり着くことで消えてゆく。 風がやみ、外側の影響が…

もう一度

もう一度経験したい。 もう一度経験できたら、やっぱりもう一度経験したい。 だからそれは繰り返す。 子どもが同じ本ばかり読んで喜ぶのも 子どもが同じ公園で遊びたがるのも 子どもが反復運動を好むのも もう一度経験したいから。 十分経験できたときによう…

守・破・離という順序は全くもって正しい。 まずは「守」 教えを守る、教えに全面的に従う。 そして「破」 やがて教えは習性となり「守」は考えられない。 「守」が習性となったとき、自らの創造力が動き始め、守をベースにしながらも「破」は起こりはじめる…

愛は軽やかに

本物の愛は深いが軽く 偽物の愛は浅いが重い。 しかし人々は、偽物の愛を本当の愛だと勘違いしているようだ。 本当の愛は軽いが故にその存在に気づくことが難しいから。 唯一、気づく可能性があるとすれば その愛を喪失したときである。 喪失した苦しみの中…

忘れる

忘れてしまいたいことは、忘れられない。 忘れようとしているうちは忘れることはできない。 しかし、忘れたくなくなったとき、ずっと覚えておきたいと願ったとき、人は忘れはじめる。それは止めることはできない。自分が忘れ始めていることに気づくことすら…

バイク乗り「あるある」3

冬が終わり、バイクのシーズンが到来しました。 天気も良く、心浮かれているので、久しぶりのバイクあるあるの続きです。 もう、第3弾になってしまいました。 バイクに乗っている人は共感できるし、乗っていない人も「へー、そういうもんなんだ~」と知識が…

完全混乱

何がなんだか分からないという「完全混乱」の経験がある人のための記事です。あるいは身近な人に混乱している人がいて、なんとか助けたいと願っている人の為の記事でもあります。ですから、混乱していない人にとっては全く必要のない内容になりますので、混…

自然から不自然へ、そして自然へ。

今日は自然と不自然のお話をします。様々な書籍を読みあさると、自然体でいることの大切さがよく書かれています。まあ、そうなのでしょうとは思います。しかし、もう一歩踏み込んでみると、その自然体は動物とは違うし、植物とも別物の自然体であることを理…

名言とは何か

名言集をパラパラとめくって、「いいこと言うね~」と感心して読んでいましたら、ふと「名言ってそもそもなんだろう?」という疑問が出てきました。名言とは何かについて分かった事があるのでお裾分けします。今回の内容に納得できたら、きっと自分でも名言…

所有できない

物を買うと所有できます。所有とは自分の物ということです。よくよく考えてみれば、物であっても所有できるということはないのですが、一時的にではあっても「自分の物」みたいな感じにはなれます。しかし、絶対に所有などできっこないことについて、ごくご…

時間圧縮

「楽しい時間はあっという間に過ぎる」と人はよく言いますが、なぜそうなのかについては理解されていません。これを「時間圧縮が起こっている」と仮に定義して、なぜ時間圧縮が起こるのか、そして時間圧縮が起こると時間拡大が起こるという一見矛盾したこと…

問題が問題に気づかせてくれる

人生には様々な問題が起こります。全て必要で、必然的に起こります。 そして、問題が起こると「それは大変だ!」となってしまうのも致し方有りません。その問題が大きければ途方に暮れることになるでしょう。しかしその問題は、突然降って沸いたわけではなく…

傾聴の限界

カウンセリングは傾聴を基本としています。ロジャーズという人が、共感的理解という理論を立て、来談者中心という考え方が基本路線となっています(うる覚えですが)。難しい理論は横に置いておくことにして、簡単に言うと「話を聴く」ということに集約され…

結婚はコスパがいいと考えている人

あるテレビ番組で「結婚はコスパがいいからしようと考えている」と言っている若い女性の特集があり、視聴させてもらいました。「恋愛は必要ない」とか「イケメンとか私には分からない」とも言っていました。色々と間違えていますが、きっと世の中にはこのよ…

バイク乗り「あるある」2

前回はツーリングにあるバイクあるあるを書いたのですが、今回は日常にある「バイク乗りあるある」も書こうかな?と思いました。おそらく、全てのバイク乗りが経験することでしょうことについて書いてみます。バイクの経験が豊富なら必ず通過するというか、…

行動できない理由

先日、昔の同僚と温泉に行きました。彼は「ずっと前から温泉に行きたかったんですよね~。」と言うので、最後に温泉に行ったのはいつなのかを聞くと、1年以上前でした。ずっと温泉に行きたかったのに、1年以上も行っていないという事実。なぜ彼は行動できない…

バイク乗り「あるある」

バイクに乗ってツーリングが好きで、大学生の頃は年間2万㎞も走っていたのですが、ここ数年は年間2千㎞程度が続いています。北海道の冬は雪が積もるので、愛車はバイク屋に冬期預かりをお願いしています。 バイク乗りとして25年間の経験から、ライダーなら…

教えないという教え

冬休みになりました。このブログは教育特化ブログなので、少しは真面目に教育について書くことにします。でも、あんまり人気ないんですよね~、教育は。それは「教育なんてされたくない」という単純な理由からだとは思いますけど。アレルギー反応みたいなも…

怒りの口実

「怒り」とは、感情の中の1つです。「怒り」が高じると「憤怒」という状態へと推移していきますが、かわいらしく言うと「イライラしている」ということです。このイライラしている自分というものがある人は大変苦しいわけです。言葉には限界がありますから、…

言霊④ 「山岡家のお客さん」

上のチビ姫(5年生)が、お昼ご飯に山岡屋さんのラーメン、具体的には「お子様ランチセット」を食べたいというので、下のチビ姫(4歳)を連れて3人で行ってきました。山岡屋さんのラーメン、個人的にはとても好きなのですが、賛否が分かれるようで、お母さん…

1920 ユーミンの新曲

SONGSという番組の中で、ユーミンが39枚目のオリジナルアルバムを制作した特集が組まれていたので、視聴させてもらいました。昔からユーミンの曲は好きなので、ただユーミンが好きだという理由だけで視聴したのですが、感銘を受けましたのでお裾分けで…

「会いたい」と慕われる人

「あの人に会いたい」と思われる人になるためのハウ・ツーというものが存在します。そのハウ・ツーを追求していけば、それは「一緒に居て楽しい人になる」とか「一緒にいると安心できる人になる」とか、言葉はなんでもかまいませんが、つまるところ「魅力的…

インナーチャイルド ~感情の行き場所~

自分の中にいる子ども時代の自分、それをインナーチャイルドと言うそうですが、簡単に言うと、人は誰でも子ども時代の自分に影響を受けて生き続けているということでしょう。久しぶりの記事を書きますが、久しぶり過ぎて、何を書いたら良いのか分からなくな…

不安はお友だち

いきなりですが、今、世の中は不安感がいっぱいです。マスメディアが煽っているということもりますが、とにかく不安材料にはことかきません。しかし、では「昔は不安が少なかったのか?」と聞かれれば、昔だって不安はあったと答えるしかありません。ただ、…

自分の弱さと向き合う

自分の中に在る「弱さ」とどう向き合えば元気になれるのかということを書きます。 人は皆、どんな人でも、どんなに強そうに見えたとしても、己の中に「弱い自分」というものを持っています。子どもでも大人でも同じです。そして、弱い自分を隠し、自分は弱く…

燃え尽き症候群になる人とならない人

私は長らく部活動をしてきました。また、少年団活動の指導者としても携わってきました。その中で、「燃え尽き症候群」という現象を見てきましたし、自らも経験しました。今回の記事は、その原理を説明し、その状態を位置づけ、どうすれば良いのかという対処…

真面目についてマジメに考える

「真面目な人」と「不真面目な人」がいると、多くの人は言うけれども、本当でしょうか? その2者はくっきりと分かれれているのでしょうか。 少し考えてみればすぐに分かりますが、くっきりとは分かれてなどいません。真面目な面もあるが不真面目な面もある、…

心配しないのが愛 第3回「本当の心配と偽りの心配」

親が子どもの心配をするのは当然のことで、子どもが何歳になっても親は心配するものです。これを否定するつもりは毛頭ありません。随分前に「心配」についての記事を書きましたが、心配は動機によって変わるのです。 その動機とは「愛」から生まれし心配なの…