Nayunayu先生 ~愛のある教室~

現場教師の21年間の実践理論

教育界の間違えている方向性について

教育界の間違い


教育界は、教育現場と教育行政があります。

「教育現場」は、学校そのものなので、分かりやすいと思います。

「教育行政」とは、教育委員会と教育局です。

 

教育委員会は、各市町村にあります。

教育局は、それぞれの区切られた地域に1つです。

 

教育委員会と教育局の大本は、文科省になるのかな?

 

私の住んでいる地域の学校では、その学校の規模や状況によって、加配の教員がいます。担任として出払ったあとに残る教員です。

 

それらの教員は、算数TTや理科専科、音楽専科など、専門の教科につき、子ども達と教職員をサポートしていきます。

 

加配は、教員増ですから、お金がかかります。

ですから、すべての学校に加配教員を!とはならないという現実があります。

ここまでは、仕方ありません。

もうしばらくは続くでしょう。

 

問題はここからです。

 

この加配教員をつけるためには、学校としての実績をつくる必要があるようなのです。

実績とは、教育委員会なのか、教育局なのかは分かりませんが、見える数値を出したり、学校の状況を説明して、加配をつけてもらうそうです。

 

つけてもらう?

まあ、異論ありますが、とりあえず置いておきます。

 

 学力テストとか、体力テストとか、授業の実践発表とか、子ども達の安定度とか、保護者アンケートだとか、いじめアンケートだとか、まあ、色々ありそうな実績を提出し、

「うん、あなたの学校はがんばっているから、加配をつけましょう」

となるそうです。

 しかし、先ほども述べましたとおり、すべての学校には予算上難しいということで、

「実績を示せない学校は、加配をはがしましょう」

となるんですって。

 どこかに加配すれば、どこかはなくす。

 しかたないのです。

 でもね、なにかおかしい。

 違和感が・・・うーん、すごい。

 

 これ、逆じゃないのかな?

 実績を示せないのは、示せない理由があるのだから、そこに戦力を補強するのが正しい補強のしかたではないのかな?