Nayunayu先生 ~愛のある教室~

現場教師の21年間の実践理論

ブログのアクセス数 1日の平均PVが30ぐらいになって気づいたこと

ブログ

 

ブログをはじめて、3ヶ月ほど経ちました。

記事は70ぐらい書きました。

最初は1日のアクセス数0が続き、その後、1日のアクセス数1~3ぐらいが1ヶ月ぐらい続きました。

2ヶ月目ぐらいから、アクセス数10PV/1日ぐらいになり、

最近は、平均30PV/1日ぐらいになりました。

 

最初は気にならなかったのですが、増えてきたら、アクセス数の一般的な数字が知りたくなって、ネット検索してみました。すると、以下のような内容に出会います。

 

・1日50PV以上だと、上位20%に入る とか

・3ヶ月でアクセス数を伸ばす方法 とか

・誰でもできるブログで稼ぐ方法 とか

 

そうして調べていくうちに分かった事が3つあります。

 

1 アクセス数を気にしちゃう現象が発生

 もともと、私が教えてもらったり、経験させてもらったりしたこと、みんなが楽しめることをお裾分けしたいという動機ではじめたブログです。

 だから、読まれても良いし、読まれなくても良いのです。

 楽しいと思った人は読むし、つまらなければ読まれない。

 ただそれだけのことなんです。

 でも、増えてきたら、やっぱりうれしくなっちゃって、「今日は、どうかな?」と、アクセス数の状況をチェックする自分がいました。

 読まれるために書くのですから、良いことのようにも思えますが、本来の目的は、恩返し、お裾分けです。アクセス数を意識して書くようでは、本末転倒だな・・と気づきました。

 

2 ありがたい

 教室で授業をすると、30人~40人の子ども達に話を聞かせます。

 職員室では、20人ぐらいの職員に説明する職員会議もあります。

 参観日後の保護者会では、20人ぐらい参加すれば上出来です。

 どれも、とても難しいことです。

 

 すると1日に30回もアクセスしてもらえるなんて、すごいことだと気付きます

 30回が30人とは限りませんが、そんなに来てもらえるなんて、本当に嬉しいことです。だから、1日に50PVとか、100PVとか、そういうことを意識しては、今来てくれている皆さんに、失礼だということです。

 

 さらに付け加えると、希少価値というのがあります。

 昔、平井堅さんがあまりメジャーではなかったころ、

「平井堅って、マイナーなんだけど、私すごく好き!」という同僚がいました。

 なんか、私だけが知っている!みたいな感じです。

 ところが、その後すぐに、大ブレークしました。

 さぞ、喜んでいるのだろうな?と思ったら、

「なんか、メジャーになって、興味がなくなっちゃった」と。

 

 30PVが希少かどうか、と言う問題はありますが、1日に500PVというブログから見れば、あまり知られていないという点では希少でしょうね。あまり知られていないのに、何度も来てくれる人のため、最初に見つけてくれた人を大切にした記事を書くことにします。

 だから、アクセス数が伸びる工夫というのは、実験的にやってみることもありますが、基本的には気にしないことにします。

 

3 書くことによって学ぶ

 目標は100記事ぐらいに設定しています。

 あと30記事ぐらいで達成します。

 たくさん書いてきた結果、書くスピードが上がったり、自分の言いたいことが整理されたり、実は、たくさんの学びがあり、いいことがたくさん起きています。

 これは、30PV/1日とは、関係ないように思えますが、違います。

 やっぱり、来てくれる人がいる、読んでくれる人がいると思うから書けるのです。

 たぶん、アクセス数0が3ヶ月続いていたら、もうやめていると思います。

 

 ですから、これまで続けられたのは、読んでくれた人たちからの見えないエネルギーをもらっているという気づきです。

 

 みなさん、ありがとうございます。

 おかげ様で、今日も記事を書くことができました。

 ありがたい。有ることが難しいと書いて「有難い」と言います。 

 

www.nayunayu.com