Nayunayu先生 ~愛のある教室~

現場教師の21年間の実践理論

視力低下問題

視力低下問題


今朝の新聞に、1.0未満の小中学生が過去最多という記事が載っていました。原因は、スマホとかゲームという内容で、文科省では警鐘を促すということでした。

 

さて、視力について、私の知っている範囲で書きます。

新聞の記事は、正しいということを、養護教諭から聞きました。

どういうことか・・・。

 

 

ゲーム、スマホは、一昔に比べて、動きが激しくなりました。

また、近くで画面を見続けるということも起きています。

それで、次が重要なのですが、大人がするのと、子どもがするのは違うということみたいです。

大人の目は、発達し終わっているのに対して、子どもの目は発展途上。

つまり、同じ画面をみていたとしても、子どもの方が影響が強いということです。

ですから、養護教諭は

「子どもはなるべくゲームやスマホを控えるように」

と言っておりました。

 

なるほどな~と納得です。

 

ゲームは、明らかに動きが激しくなりましたね。

もう、どこを見て良いのかさっぱり分からないレベルです。

それにスマホが加わって、ユーチューブが加わってと・・・。

 

家庭で制御できるかな~。

 

 

ついでですが、コンタクトレンズも目に悪いんじゃないかな~というのが私の私見です。

だって、コンタクトレンズを長らく愛用している人の視力が、とんでもなく低くなっている事例がありますから。これ、眼鏡だったら、こんなに増えてるかな~というのが、私の実感です。

 

確証はありませんが・・・・。